PRODUCTS

遮熱・UVカットシート
遮熱シート

遮熱シート

太陽光の赤外線(IR)と
紫外線(UV)を同時にカット、
暗くならずに温度上昇を抑えて
電気料金を削減する
フジケミ・トレーディングの
高性能遮熱・UVカットシート

当社が開発した遮熱・UVカットシート「F+COOL(エフ・クール)」は、太陽光の約50%のエネルギーを占める赤外線(IR)領域(近赤外線)の光を効率よく反射し、シートの表面温度の上昇を低減する効果と大幅な紫外線(UV)遮蔽効果を有します。

遮熱・UVカットシート
「F+COOL(エフ・クール)」
とは?

特徴

  • 太陽からの熱(近赤外線)を効率よく反射させる事で、表面温度の上昇を抑えます。
  • 障子紙のように暗くならず明るさを保ちます。
  • 遮熱したい場所に使用する事で、室内温度の上昇を抑えます。
  • 電気使用量の削減により節電及び省エネにつながり、CO2削減・SDGsに貢献します。
  • 気温の上がる季節・時期に使用し、必要のない時期(冬場)は取り外しが可能です。
  • 実際の使用で表面温度10~15℃、室内温度2~3℃下げることが確認されています。
  • 遮熱性能と紫外線(UV)遮蔽効果を併せ持っています。
遮熱・UVカットシート「F+COOL(エフ・クール)」
パンフレット

用途

  • 学校・公共施設・店舗・ビル等の屋上、ベランダ等への敷設
  • 倉庫・店舗・家屋の外壁、窓ガラスへの取付
  • すだれ、テントとしての使用
  • 板金外壁材との複合
  • その他、熱対策が必要な個所での使用
遮熱シート(ロールカーテン)

遮熱シート(ロールカーテン)

遮熱・UVカットシート
「F+COOL(エフ・クール)」
製品一覧

フィルムタイプ

フィルムタイプ

不織布タイプ

不織布タイプ

エラストマータイプ

エラストマータイプ

基本仕様

仕様 単位 フィルムタイプ 不織布タイプ エラストマータイプ
製品巾 mm 1,000 1,000 1,000
製品長 m 2,000 1,000 500
厚み ※1 μm 150 230 130/200
遮熱性 ※2 49(S45) 50(S45) フィルムタイプ相当
紫外線遮蔽率 ※2 ≧99.9 ≧99.9 フィルムタイプ相当
※1 厚みは代表値であり保証値ではありません
※2 遮熱性(JIS L 1951)/紫外線遮蔽率(JIS L 1925)
試験機関:一般財団法人カケンテストセンター / 承認番号:23-0068 / 有効期限:2025年11月10日

遮熱・UVカットシート
「F+COOL(エフ・クール)」
の使用例

窓ガラスへの適用

1:突っ張り棒、2:縫製



F+COOLを適当なサイズに裁断し、上部と下部を折り返して縫製。
そこに突っ張り棒を通すことで窓に簡単設置。
冬場は外すなどして必要に応じてご使用頂けます。

エアコン室外機のカバー

1:折り返し、2:両面テープ



F+COOLを室外機の天板サイズに合わせて裁断し
両面テープで貼り付け。
夏場のエアコン効率を大幅に向上させる事で
光熱費の削減につながります。

タープ(すだれ)への適用

1:ハトメ加工、2:縫製



F+COOLをジョイントする等して適当なサイズに加工し、
上下左右は折り返して縫製。
更に四隅はハトメ加工し紐などで固定する事で
簡単にタープ(すだれ)が製作できます。
雨の日や冬場は外すなどして必要に応じてご使用頂けます。

日傘への適用

サイズ(直径):60㎝、86㎝(写真は60㎝)


F+COOLを日傘として使用する事で、大幅な遮熱効果と
UVカット効果が期待されます。
日傘の製作は10本からデザイン、サイズ(2種類)を
オーダーメイドにて対応いたします。

遮熱・UVカットシート
「F+COOL(エフ・クール)」
効果検証

※以下の検証試験は全て自社評価となります

自動車への適用

ダッシュボード
/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温29℃)

検証環境・天候条件

F+COOL ダッシュボード左側設置

敷設箇所表面温度

表面温度:ダッシュボード部 55℃/F+COOL部 45℃

表面温度差は約10℃
エアコン効率アップ、
赤外線カットガラスでない場合は
更に効果あり

公園ベンチへの敷設

木製ベンチ/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温29℃)

検証環境・天候条件

F+COOL 木製ベンチ設置

敷設箇所表面温度

表面温度:通常部 45℃/F+COOL部 39℃

公園ベンチでは
約6℃の遮熱効果で、
樹脂や金属製ベンチでは
更に効果があると推測

窓ガラスへの適用

1.作業所 窓/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温28℃)

検証環境条件

F+COOL 作業所右側窓貼付

敷設箇所表面温度

表面温度:通常部 37℃/F+COOL 34℃

表面温度差は約3℃で、
室温の上昇を抑える効果確認

2.事務所 窓/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温32℃)
【F+COOLを窓に設置し
日光が入る床部(カーペット)の
温度測定】

検証環境条件

F+COOL 窓貼付(2枚)

敷設箇所表面温度

床表面温度:通常部 36℃/F+COOL 32℃

床表面の温度差は約4℃で、
日光が入ってくる床部分への
効果確認

エアコンの温度を
1℃変えるだけで、
電気代は10~13%変動する
いわれており
3℃の温度差で
電気代約30%の削減

期待されます

人工芝への敷設

人工芝/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温37℃)

検証環境・天候条件

F+COOL 人工芝敷設

敷設箇所表面温度

表面温度:人工芝 71℃/F+COOL 56℃

表面温度差は約15℃で、
レジャーシート等への適用が
期待される

日傘への適用

一般日傘/F+COOL日傘※試作品
(2023年7月 天候晴れ 気温28℃)

<外側>

検証環境・天候条件

左:一般日傘   右:F+COOL日傘

敷設箇所表面温度

表面温度:一般日傘 57℃/F+COOL日傘 35℃

傘の表面温度差は約22℃

<内側>

検証環境条件

左:F+COOL日傘   右:一般日傘

敷設箇所表面温度

人工芝温度:一般日傘 45℃/F+COOL日傘 32℃

日傘の影(人工芝)の
表面温度差は約13℃で、
使用者の暑さ軽減に効果あり

各種カバーとしての使用

1.ベビーカーのフードカバー
/F+COOL不織布タイプ
(2023年7月 天候晴れ 気温31℃)

検証環境条件

検証環境条件

F+COOL フードカバー

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

フード部表面温度:無し 52℃/F+COOL 40℃

表面温度差は12℃で、
自転車カゴのカバー等にも
同様の効果が見込まれる

2.ヘルメットのカバー
/F+COOL不織布タイプ
(2023年6月 天候晴れ 気温28℃)

検証環境条件

検証環境条件

F+COOL ヘルメットカバー

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

ヘルメット表面温度:無し 49℃/F+COOL 35℃

表面温度差は14℃で、
屋外での保管時等で
熱ダメージを軽減

鉄板への敷設
(3月にタイにて検証)

検証環境・天候条件

検証環境(天候:薄曇り、外気温:摂氏38度)

未敷設箇所表面温度

未敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

人工芝への敷設
(3月にタイにて検証)

検証環境・天候条件

検証環境(天候:薄曇り、外気温:摂氏30度)

未敷設箇所表面温度

未敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

室内での使用

検証環境条件

ランプを5分当てて表面温度を測定

未敷設箇所表面温度

未敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

自動車ボンネットでの使用

検証環境条件

外気温:摂氏32度

未敷設箇所表面温度

未敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度

敷設箇所表面温度
(左:FCO10030を1枚敷設、右:2枚敷設)

この製品・サービスに関する
お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム